So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

財務省の文書改ざん問題

財務省の文書改ざん問題をめぐり、
衆議院予算委員会の理事懇談会が
開かれたそうです。

野党側が、佐川前理財局長の
証人喚問での証言に偽証の疑いが
あるとして、告発を検討するよう
求めたのに対し、与党側は、慎重に
検討して判断したいという考えを
示したそうです。

また、野党側は、森友学園や加計学園を
めぐる問題などで、政府の対応をただす
必要があるとして、予算委員会の
集中審議の開催や関係者の証人喚問を
改めて求めまたそうです。

野党は、何をやっているのでしょうか。
もっと、政策論争すべきですね。
財務省、モリカケが国民に何が
関係するのでしょうか。

こんな議員は必要ないですね。
税金の無駄使いです。



人民元

3日の中国・上海外国為替市場の
人民元相場は対ドルで下落し、一時、
1ドル=6・7元台をつけたそうです。

ロイター通信によると、昨年8月
上旬以来、約11カ月ぶりの元安ドル高水準
になったそうです。

米国と中国が報復関税措置を発動する
予定の6日を控え、神経質な
展開になったそうです。

中国人民銀行は3日朝、人民元取引の
対ドル相場の基準値を1ドル=6・6497元に
設定していたそうです。

本当は、人民元高になった方が
輸出は減るのですが、安くなるのですね。

それだけ通貨が不安なのですね。

でも、これだけ貿易黒字があったら
人民元を切り上げるしかないと思いますが。


マツダのディーゼル車

世界の大手自動車メーカーが
電気自動車(EV)シフトを強めています。

ディーゼル車に力を入れるマツダの
孤軍奮闘ぶりが目立っているそうです。
今春以降にはディーゼル車の主力車種を
矢継ぎ早に大幅改良。
環境規制の強化などでディーゼル車への
風当たりが強まるにもかかわらず、
マツダはなぜ独自路線を貫いているそうです。

マツダは5月24日、東京都内で
大幅改良した旗艦モデル「アテンザ」の
発表会を開催。
小飼雅道社長は会場で「理想の内燃機関」を
追求し続ける姿勢を改めて強調したそうです。

力強い加速と燃費の良さを両立できる
ディーゼル車は、長距離で車を利用する
顧客が多い欧州で根強い需要があるそうです。

難しい選択ですね。
でも顧客があるのであれば、ありかも
知れません。



消費者心理

消費者心理を示す6月の
消費者態度指数です。
2か月ぶりに前の月を下回ったそうです。

内閣府が今後の「暮らし向き」の
見通しなどについて消費者から
聞き取った「消費動向調査」に
よりますと、6月の消費者態度指数は
5月より0.1ポイント低下し
43.7となり、2か月ぶりに悪化したそうです。

納豆など一部の食料品の値上げや
ガソリン代の高騰などで消費者心理が
悪化したことが要因だそうです。

「暮らし向き」や「収入の増え方」など
消費者態度指数を構成する4つの
指標のうち3つが前の月を下回ったそうです。

値上げがありますね。
なかなか消費者心理もよくなりませんね。
景気はよいですが。



NEC

NECです。

29日、希望退職者を募集すると
発表したそうです。

対象はグループ会社で間接部門やハードウエア領域の
特定部門に在籍している45歳以上かつ
勤続5年以上の従業員だそうです。
募集人数は上限を設けないそうです。
募集期間は10月29日~11月9日で、
12月28日付で退職するそうです。

希望退職者募集により発生する費用は
2019年3月期の連結業績予想に
事業構造改革費用として一定額を織り込み
済みだが、応募者数が未確定のため費用に
ついては確定し次第発表するとしているそうです。

昔のNECの面影はないですね。
今は、景気がよいので、人手不足に
なっています。
それなのに早期退職ですか。


W杯の経済効果

サッカーのワールドカップ(W杯)
ロシア大会で日本代表が活躍し、国内商戦が
盛り上がっているそうです。

連日深夜の自宅観戦でビールや
総菜の売り上げが伸びており、
大型テレビの販売も好調だそうです。

1次リーグを突破すれば215億円の
経済効果があるとも試算されているそうです。

東京・神田小川町にあるスポーツ用品
大手ミズノの直営店では、スパイクを
探しに来た男性が「本田圭佑モデル」に
見入っていたそうです。
ミズノでは本田選手に加え吉田麻也、
岡崎慎司両選手のスパイクを製造しており、
W杯開幕後は在庫状況の問い合わせが
相次いでいるそうです。

影響は大きいですね。
勝つと日本中で盛り上がります。

今日、勝つと決勝トーナメントです。
頑張ってほしいですね。

頑張れ日本


クリックポスト

日本郵政です。

長門正貢社長は26日の定例記者会見で、
小型荷物向けでは業界最安値の
宅配サービス「クリックポスト」の
12%値上げや、当日再配達受付時間の
締め切り繰り上げなど、9月1日からの
ゆうパックの見直し施策を発表したそうです。

電子商取引(EC)の増加に伴って、
再配達が増加して人件費が高騰して
いることなどへの対応が狙いだそうです。

クリックポストは、2014年6月に
取り扱いを開始した宅配サービスで、
全国一律164円を同185円にするそうです。
縦34センチ×横25センチ×厚さ3センチ以内、
重さ1キログラム以内の本やCDなどの
小型荷物なら業界で最も安く、メルカリなどの
個人間ECの普及によって取扱個数が増加していたそうです。

運送料が上がりますね。
人件費が上がっているのでしょうか。

消費者にとっては、困りますが。


セネガル戦の視聴率

W杯セネガル戦 平均30・9% 
瞬間最高37・1%!
初戦に及ばずも日曜深夜に脅威の
高視聴率だったそうです。

サッカー日本代表のワールドカップ(W杯)
1次リーグ第2戦、セネガル戦を生中継した
24日深夜の日本テレビ(後11・40~
深夜2・10)の平均視聴率は30・9%
(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったそうです。

今年放送された全番組の中で最高となった
19日の初戦、コロンビア戦(NHK総合、
後9・53)の48・7%には及ばなかったが、
日曜深夜の生中継だったにもかかわらず
大きな注目を集め、驚異的な数字を叩き出したそうです。

瞬間最高視聴率は深夜0時44分に
記録した37・1%。1-1で迎えた
前半44分、左サイドの敵陣中央で
FKを獲得したセネガルのセットプレーの
場面だったそうです。

真夜中なのにすごい視聴率です。
それだけ、日本中が注目しています。

頑張れ日本!!



キヤノン

今回キヤノンが開発したのは、度肝を
抜く約20cm角という世界最大、
超高感度のCMOSセンサーだそうです。

CMOSセンサーはウエハーという
素材から切り出すのですが、この
約20cm角のCMOSセンサーは12インチ
(約30cm)の標準ウエハーから取れる
最大サイズだそうです。

これは、プロやハイアマチュアが
使うカメラに入っている35mmフルサイズの
CMOSセンサーの約40倍もの大きさだそうです。

気になる用途ですが、キヤノンは夜間の天体や動物、
オーロラの動画撮影、夜間監視カメラなどを
考えているようです。
たとえば、東京大学大学院理学系研究科附属
天文学教育研究センター木曽観測所の
口径105cmのシュミット望遠鏡にこの
CMOSセンサーを搭載したところ、
10等級相当の暗い流星を世界で初めて
撮影できたんだそうです。

すごいですね。
でも利益は出るのでしょうか。
技術開発などが目的かもしれませんね。




コンビニの売上高

5月の全国のコンビニエンスストアの
売上高です。

ゴールデンウイーク期間中に気温が
低下したことなどから、前の年と
比べて1.2%減少したそうです。

日本フランチャイズチェーン協会が
発表した先月の全国のコンビニエンスストアの
売上高はおよそ8053億円となり、
前の年の同じ月と比べて1.2%
減少したそうです。

5か月ぶりのマイナスだそうです。
5月はゴールデンウイーク中に気温が
低下した影響で、飲み物やアイスクリームなどの
販売が振るわなかったそうです。

また、ドラッグストアなどとの競争が
激しくなったことで、来店客数は前の年の
同じ月と比べて2.5%減少し、
27か月連続のマイナスになったそうです。

気温で変わるのですね。
競争が激しくなっていますね。
でも、8000億円もあるのですね。