So-net無料ブログ作成
検索選択

NHKの世論調査

NHKの世論調査です。

NHKは今月9日から3日間、全国の18歳以上の
男女を対象に、コンピューターで無作為に
発生させた固定電話と携帯電話の番号に
電話をかける「RDD」という方法で世論調査を行いました。
調査の対象になったのは2247人で、57%にあたる
1272人から回答を得たそうです。

安倍内閣を「支持する」と答えた人は、
先月の調査より3ポイント下がって48%、
「支持しない」と答えた人は、6ポイント
上がって36%だったそうです。

それによりますと、安倍内閣を「支持する」と
答えた人は、先月の調査より3ポイント
下がって48%だったそうです。
一方、「支持しない」と答えた人は
6ポイント上がって36%だったそうです。

支持する理由では、「他の内閣より良さそうだから」が50%、
「実行力があるから」が21%、
「支持する政党の内閣だから」が10%だったのに対し、
支持しない理由では、「人柄が信頼できないから」が43%、
「政策に期待が持てないから」が30%、
「支持する政党の内閣でないから」が10%だそうです。

各党の支持率は、
自民党が36.4%、
民進党が7.9%、
公明党が4.2%、
共産党が2.7%、
日本維新の会が1.2%、
自由党が0.4%、
社民党が0.9%、
「特に支持している政党はない」が40.8%だったそうです。

安倍内閣は少し支持率が下がりましたが、
2番目の民進党が8%だったら、
問題になりませんね。
自民党の一人勝ちです。



朝食抜きの影響

朝食を食べない人たちは
食べる人たちに比べ、学力が
2~3割低く、脳出血のリスクが
約4割高く、冷え性に2倍なりやすいそうです。

農林水産省が5月30日に
「平成28年度食育白書」を公表したそうです。

朝食を食べないことがある
子供は小学6年生で12・7%、
中学3年生で16・6%もいるそうです。
中学生、高校生の段階で習慣化した人も
2割程度いたそうです。

白書は朝食の欠食と学力や
体力との関係も紹介しているそうです。

その結果、平均正答率は4科目全てで
朝食を食べない児童ほど低く、
全く食べない児童は、毎日食べる児童より
2~3割低かったそうです。

平均正答率の差が最も大きかったのは
算数Aで、毎日食べる児童が79・2%
だったのに対し、全く食べない児童は
19・1ポイント低い60・1%に
とどまっていたそうです。

朝食の影響は大きいですね。
食べないといけませんね。



郊外マンション

郊外マンションがスラム化
しているそうです。

野村総合研究所の予測だそうです。
2033年には日本国内の空き家数は
2000万戸を超え、空き家率は30%を
超えるそうです。

一般的には空き家率は30%を超えると
急速に治安が悪化し、環境悪化を
嫌気した人々が、地域から脱出を
始めるそうです。

つまり、日本は国全体が30%という
「限界値」を超える異常事態になるそうです。

首都圏不動産価格は、アベノミクス効果で
全体が上昇しているかのように
報道されているが、実態は異なるそうです。

実は、首都圏郊外の不動産価値は、
急速に下げ足を速めているそうです。

首都圏郊外部で育った年齢も若くて
バリバリ働ける人たちは、都心部に
生活拠点を移し始め、地域に残されるのは
高齢者ばかりになっているのが現状だそうです。

昔のベッドタウンですね。

高齢化も進んでいますからね。

今から対策が必要ですね。

女性の就業率

政府は9日、平成29年版
「男女共同参画白書」を閣議決定したそうです。

28年時点での15~64歳の女性の
就業率は66%で過去最高になったそうです。

過去10年間で7・2ポイント
増加したこともわかったそうです。

一方で、管理職に占める女性の割合に
地域差が見られるなど課題も浮き彫りに
なったそうです。

白書によると、28年の女性の就業率は、
男女雇用機会均等法が施行された
昭和61年と比較して12・9ポイント
増加したそうです。

特に第2次安倍政権が発足した
平成24年からの4年間は5・3ポイント
増となり、過去30年間の就業率の
増加分の約4割を占めたそうです。

都道府県別の女性の就業率(27年時点)が
最も高かったのは福井県の74・8%で、
富山県が72・2%で続いたそうです。

女性が社会進出しているのは
よいことです。
人手不足ですからね。
景気もよくなっています。

パリ協定

トランプ米大統領がパリ協定離脱を
表明しました。

そのことを受け、ニューヨークや
カリフォルニアなど9州や125都市が5日、
連邦政府に代わって温室効果ガス削減の
目標達成を目指すとする声明を
国連に提出したそうです。

声明は、国連の都市・気候変動担当特使を
務めるブルームバーグ前ニューヨーク市長が主導。

州や都市のほかには、902の企業・投資家、
183の大学が連名で提出したそうです。

企業ではアップル、グーグル、アマゾン
ナイキフェイスブックなど名を
連ねているそうです。

面白いですね。
大統領が反対しても、州や都市が賛成します。
アメリカという国は、州ごとに
法律がありますからね。

大統領って何なのでしょうか。

IT技術者

相次ぐ大型のシステム構築プロジェクトや、
デジタルビジネスに取り組む企業の
増加などの影響で、多くのIT現場で
人手不足が顕著になっているそうです。

現場のリーダーたちも「人が足りない」と
口をそろえているそうです。

以前は構築するシステムの対象業務を
熟知したメンバーを専任担当で加えられたが、
今はそれが難しいそうです。

チームメンバーの不足を解消しようと
パートナー企業に応援を要請しても、
それが難しくなっているそうです。
パートナーも人手不足の状況に陥っているからだ。

Java技術者が必要になって、20社に声を
掛けてもなかなか集まらないそうです。

もともと人手不足ですからね。
とくに、プログラマーだともっと
人手不足です。
大手の、ITエンジニアってプログラムを
組めないですからね。
そこが、一番、問題ですが。


対北決議

国連安全保障理事会です。

2日、北朝鮮による度重なる
弾道ミサイル発射を強く非難し、
渡航禁止や資産凍結の対象に
北朝鮮の4団体14個人を追加する
制裁決議を、中露を含む全会一致で
採択したそうです。

北朝鮮に対する石油の輸出禁止には
踏み込めなかったそうです。
決議採択を優先した米国が、中国
意向を酌んだためだそうです。

具体的な制裁追加対象は、弾道ミサイル計画に
携わってきた北朝鮮軍の「戦略ロケット軍」や、
金属・黒鉛の取引を行う商社など4団体のほか、
対外工作機関・偵察総局の対外 諜報
活動責任者ら14個人だそうです。

中国の覚悟が見えませんね。
北朝鮮に対して、中国の力は
あるのでしょうか。

日本株

2日午前の東京株式市場です。

米ダウ工業株30種平均が
3カ月ぶりに過去最高値を
更新したことなどを受け、続伸しました。

日経平均株価は2万円台を突破しました。

取引時間中としては平成27年12月2日
以来、約1年6カ月ぶりだそうです。

9時10分現在の株価は、前日比163円
62銭高の2万0023円65銭。

日本企業の好調な業績や株主還元を
評価する買いも続いているそうです。

アメリカの株価が押し上げていますね。

日本株も上がっています。

このまま上がるかどうかは
わかりませんが。

国産GPS衛星

準天頂衛星みちびき2号機を
搭載し、打ち上げを待つ
H2Aロケット34号機です。

日本版の衛星利用測位システム(GPS)を
担う政府の準天頂衛星みちびき2号機を
搭載したH2Aロケット34号機は
1日午前9時17分46秒の打ち上げに
向け、鹿児島県の種子島宇宙センターで
最終点検作業に入ったそうです。

31日夜に発射地点へ移動した
34号機は、1日未明に燃料注入を開始。

現地の天候は晴れで、打ち上げに
支障はないそうです。

H2Aはこれまで27回連続で
打ち上げに成功しているそうです。

成功すればよいですね。
初めてのGPS衛星ですか。
いいですね。

孤独な中年

孤立する中年についてです。

働き盛りの世代でありながら、
独身かつ無職の人が多いそうです。

孤立しやすいのは女性よりも男性、
20代より30代以降、高卒以上よりも
中卒、さらには要介護の親がいる人
という統計データが出ているそうです。

孤立する人に共通するのは“自己肯定感”の
低さだそうです。

『なぜ自分はダメなんだろう』と社会に
順応できなかった自分を責め、
劣等感を抱き自ら世間との
繋がりを断つ傾向にあるそうです。

最近増えているようです。

親の責任も大きいですね。
親離れ、子離れが出来てないのですね。

子供は、成人したら親元を
離れる方がよいですね。

そうしないと自立しません。
社会の対策も必要ですが
まずは、家族です。