So-net無料ブログ作成

台湾観光業界

台湾で中国からの観光客が激減し、
観光業界が悲鳴を上げているそうです。

民主進歩党の蔡英文政権に
対する中国政府の圧力の一環で、
長期化を予測した業界は、
代わって日本や東南アジアからの
観光客誘致に力を入れ始めたそうです。

中でも中国を除く“最大顧客”の
日本人観光客に寄せる期待は
大きいそうです。

交通部(国道交通省に相当)観光局に
よると、2008年の中国大陸からの
旅行解禁以降、中国人の訪台は急増し、
15年には418万人と全体の約4割を
占めたそうです。

だが、昨年5月の蔡政権発足直前から
減少に転じ、昨年は350万人に激減。
今年はさらに150万人減り、収入減少額は
200億台湾元(約740億円)に
達するとの報道もあるそうです。

観光客が政治に利用されていますからね。
韓国も同じです。

台湾もリスク管理をおこなう
べきですね。