So-net無料ブログ作成

中国の大気汚染

中国で大気汚染の原因となる
微小粒子状物質の大気中含有量を
国連(UN)の推奨基準まで引き下げれば、
年間300万人の早死にを防ぐことが
できるとの研究論文が15日に
発表されたそうです。

医学誌BMJに掲載された研究論文によると、
中国の38の大都市における2010年1月~
2013年6月までの大気中の微小粒子状物質の濃度は、
1日平均1立方メートル当たり約93マイクログラム
だったそうです。
世界保健機関(WHO)の基準値1立方メートル
当たり20マイクログラムをはるかに
上回る数値だそうです。

石炭や石油の燃焼、森林火災、火山噴火や
砂塵(さじん)嵐などから生まれる
微小粒子状物質は、大気中に浮遊し、
呼吸器疾患を引き起こすそうです。

こういうデータを出しても、いっこうに
変わりません。
そこが問題ですね。
経済をストップしてまで、環境汚染を
止めないと、難しいでしょうね。