So-net無料ブログ作成
検索選択

ふるさと納税

「ふるさと納税」で税収減少が
顕著となった東京都内区部が
対応に苦慮しているそうです。

平成29年度に見込まれる23区の
減収額は約207億円で、28年度の
約129億円から6割増えるそうです。

こうした中、東京23区でつくる
特別区長会(会長・西川太一郎荒川区長)は
13日、待機児童対策など住民サービスに
支障が出かねないとして、ふるさと納税の
過剰な返礼品を是正し、本来の趣旨に
沿った制度に見直すよう総務省に要望したそうです。

ふるさと納税は出身地や愛着のある
自治体に寄付する代わりに、住んでいる
自治体に納める住民税などが軽くなる制度です。

地方の自治体が肉や魚など高価な特産品で
寄付を募る一方、特産品がなく寄付が
集まりにくい都会では税収が大きく減る
状況が続いているそうです。

それだけ、地方から来ている人が
多いということです。
税金も多いということです。

東京に集まりすぎていますから、
お金が地方に行くのはよいことだと
思います。