So-net無料ブログ作成

フェイスブック離れ

フェイスブック利用者の投稿件数が
大きく減少しているそうです。

マーケティング企業のMavrckは、2016年の
フェイスブック上の投稿2,500万件を調査した
リポートを発表したそうです。

それによると、ユーザーによる投稿数が
2015年に比べて29.49%減少したそうです。

一方、ニュースフィードの
エンゲージメントは7か月連続で減少していたが、
2015年9月から2016年3月にかけてプラスに転じたそうです。

これは広告よりも、ユーザーからの投稿や
動画を優先表示するようにアルゴリズムを
変更したことが原因と思われるそうです。

広告主たちの希望に反し、広告表示を
減らした方がフェイスブックにとって
メリットが大きいことになるが、収益面との
バランスを図ることが今後の課題になるそうです。

アルゴリズムのアップデートがあるそうです。
フェイスブックが定めたルールにユーザーは
良くも悪くも大きな影響を受け、それが
嫌であれば退会するしかないそうです。

ユーザーらの利用法や目的が
以前から大きく変化しているそうです。

ファイスブックは、メリットもありますが、
デメリットもありますね。
やめたい人もいるでしょうね。