So-net無料ブログ作成

アマゾンの荷物

宅配便最大手のヤマト運輸の
労働組合が今春闘で、荷物の取扱量の
抑制を要求しました。
インターネット通販の普及と人手不足で
ドライバーなどの労働環境が厳しく
なっているためだそうです。

経営側も協議に応じる構えで、
収益減につながるテーマを労使で
話し合う異例の事態となっているそうです。

ヤマトは宅配市場の5割近くを
握る最大手。
2016年度の荷物量は前年度比8%増の
18億7千万個になる見通し。
ネット通販の普及で荷物量は右肩上がりに
増えていて、5年前と比べると3割増。
スマートフォンの普及を背景に
ネット通販はさらに拡大しそうで、
伸びは収まりそうにないそうです。

扱う荷物の4割ぐらいをアマゾンの
段ボールが占めている感じ。
ほかにもゾゾタウンやアスクルなど
ネット通販の荷物が目立って
増えているそうです。

ヤマト運輸は、アマゾンの配達をやめたら
よいと思いますよ。
即日配達なんて意味がないですね。
必要ないですね。異常です。