So-net無料ブログ作成

格安スマホ

格安スマホを展開するMVNOが台頭し、
安価な月額料金でスマートフォンが
利用できるようになりました。

一方、販売面で苦戦しているのが
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの
大手携帯通信会社だそうです。

端末の割引額が減少し、ユーザーの負担が
増えたことから、MVNOや
ワイモバイルなどの低価格サービスに
ユーザーが流出する動きも
強まっているそうです。

毎月1万円近く料金を支払っている
大手携帯会社の利用者が、
月額2000円前後のMVNOのサービスに
流れてしまえば、直接的に得られる
収入は大幅に減るそうです。

でも、消費者にとっては、
安い方がよいですね。
選択枝も増えます。