So-net無料ブログ作成
検索選択

中国のスーマートフォン市場

米調査会社IDCが、2016年の
中国でのスマートフォン出荷台数調査を
発表したそうです。

中国メーカーが上位3社を独占し、
iPhone(アイフォーン)を
販売する米アップルは15年の
3位から4位に転落したそうです。

年間の総出荷台数は15年比8・7%増の
4億6730万台。世界最大の
スマホ市場である中国で、中国勢の
優勢がより顕著になったそうです。

デザインや品質の向上に伴い、
海外メーカーの相対的な競争力が
低下しているそうです。

バッテリー欠陥による発火事故で
揺れる韓国サムスン電子のシェアは
約6%で15年の6位から7位に
順位を下げたそうです。

1位は市場シェア16・8%のOPPO
(オッポ、広東欧珀移動通信)で、
15年は4位だった出荷台数を15年比
約2・2倍の7840万台に大きく
伸ばしたそうです。
2位は華為技術(ファーウェイ)、
3位はvivo(ビボ、維沃移動通信)
だったそうです。

中国勢がすごいですね。
もう、世界一ですね。
市場が閉鎖的なのはありますが、
人口が多いので、やっぱり、すごいですね。