So-net無料ブログ作成
検索選択

ガム離れ

ガムが売れなくなったそうです。

全日本菓子協会の統計によると、
チューインガムの小売額は2004年の
1881億円をピークに2015年は1113億円
まで落ち込み、4割以上の減少だそうです。

原因はさまざまだ。かつては口寂しくなったり
手持ち無沙汰になると、ガムを噛んだものだが、
今は暇つぶしに何をするかといえばスマホだそうです。

また気分転換や運転中の眠気覚ましに
必需品だったが、若者の「クルマ離れ」も「ガム離れ」に
つながっているそうです。

コンビニで買うのはガムではなく、
カウンターコーヒーという若者も多いそうです。

タブレット菓子の普及など、消費者
選択肢の幅が広がったことも理由の
ひとつだそうです。

多様化しているのですね。
時代が変わっています。