So-net無料ブログ作成
検索選択

衆議院議員選挙

毎日新聞の記事だそうです。

衆院議員の任期(2018年12月)が残り
2年を切り、安倍晋三首相は年内の
衆院解散を探っているそうです。

次期衆院選は自民、公明両党が衆院の
3分の2を超す議席を維持するか、
野党が巻き返すかが焦点だそうです。

14年衆院選の結果に基づく毎日新聞の
試算によると、民進、共産、自由、社民4党が
候補者を一本化すれば、計58の小選挙区で
与党の現職を逆転する可能性があるそうです。

いろいろ書いていますが、
それは、ないですね。

民進党は、岡田代表からもっとだめな、
蓮舫代表になりました。

もっと、女性票が減少します。

もっと、マスコミも、勝敗だけではなく
政策を書くべきですね。

批判ばっかりしている野党は、
勝てませんね。