So-net無料ブログ作成
検索選択

マンションの空き家率

停滞ぎみの首都圏マンションの建設が、
再び増勢に転じるそうです。

不動産経済研究所の2017年の
予測では、3年ぶりに供給が
増えるそうです。

その一方で、懸念されているのが
マンション空き家率の上昇だそうです。

すでに、東京・霞が関や大手町、新宿
いったビジネス街までの通勤に1時間とかからない、
世田谷区のマンションの空き家率が
12.8%に上っているそうです。

16年の首都圏マンションの供給数は、
前年比11.7%減の3万5700戸の見込み。
それが2017年の供給は、前年比6.4%増の
3万8000戸を予測。2013年以来4年ぶりの
増加になるそうです。

もっと、空き家を有効に利用する方法を
考えるべきですね。

作っても、数十年すると、また空き家になります。