So-net無料ブログ作成

有効求人倍率

厚生労働省が29日、10月の有効求人倍率
(季節調整値)を発表したそうです。

前月比0.02ポイント上昇の
1.40倍となり、2カ月連続で
改善したそうです。

1991年8月以来、25年2カ月ぶりの
高水準だそうです。

求人倍率は企業の求人票を受け付けた
ハローワークの受理地別、実際に働く就業地別と
もに全都道府県で1倍以上となったそうです。

総務省が同日発表した労働力調査(同)によると、
10月の完全失業率は前月と同水準の3.0%
だったそうです。

人手不足ですね。

大卒の就職状況もかなりよくなって
います。
いいことです。

企業の業績もいいですからね。 

40歳以上の引きこもり

仕事や学校に行かず、家族以外と
ほとんど交流しない「引きこもり」に
ついてです。

40歳以上で、期間が10年以上に
わたるケースについて、本人や家族らで
つくる全国団体が初の実態調査を
始めたそうです。

引きこもりの「長期化・高年齢化」が進むと、
抜け出しにくくなったり、親が亡くなった後に
経済的に困窮したりする恐れがあるそうです。

調査は「KHJ全国ひきこもり家族会連合会」が
厚生労働省の助成を受けて実施したそうです。

内閣府は9月、15~39歳の引きこもりの人が
全国で約54万人に上るとする推計結果を
公表したそうです。

若者世代の支援を目的としたため対象に
40歳以上が含まれず、現状を反映していないとの
指摘が出ていたそうです。

39歳以下でも多いですね。
40歳以上だとどのくらいいるのでしょうか。

把握すべきですね。


スマホの販売

調査企業Strategy Analyticsの
最新データだそうです。

ファーウェイは利益ベースでサムスンを
追い抜き、アップルに次いで世界2位の
スマホメーカーになったそうです。

ファーウェイの躍進はサムスンがNote 7 の
発火問題に続くリコールで、直近の四半期の
業績を大きく落としたことによるものだそうです。
同社の2位の座は一時的なもので終わる
可能性も高いそうです。

ファーウェイの今年第3四半期の利益は
2億ドル(約226億円)。
全スマホメーカーの利益、94億ドル(約1兆円)と
比較すると、その2.4%にしか過ぎないそうです。

対するアップルは85億ドル(約9,600億円)の
利益を生み出し、利益ベースで91%の
シェアを獲得しているそうです。

アップルは世界のスマホ市場で20%の
シェアしか獲得していないが、これだけの
利益を叩き出しているそうです。

ファーウェイは、世界第二になっても、
利益が少ないですね。
アップルはすごいですね。

つまりそれだけ、スマートフォンの
価格差があるということです。
iPhoneは高すぎだということです。



エアコンの暖房費

冬の光熱費でいちばんかさむのは、
なんといっても暖房器具だそうです。

1日12時間使用した場合の1か月の
電気代を計算したそうです。

エアコン(6畳用)で4380円
ハロゲンヒーター(電気ストーブ)で1万7490円
電気カーペットで1万4580円
ファンヒーターで1万6770円
オイルヒーターで2万1870円

もっとも安いのがエアコンで、いちばん
電気代がかさむオイルヒーターを使うよりも
97日間で約5万6000円も安くなるそうです。

コスパに優れたエアコンだが、それでも
暖房使用時は冷房の3倍の電気代が
かかるそうです。

確かに、他の電気器具よりは安いですね。
でも、ストーブなどと比較したら
どうなのでしょうか。

そこが気になります。


脱ワタミ戦略

ワタミが発表した2017年3月期の
第2四半期連結決算によると、
売上高は前年同期比で30.6%減の
482億7300万円、営業損益が10億6800万円
(前年同期は14億1600万円)、
最終損益は13億5600万円(同20億6900万円)の
赤字になった。

事態奪回のために目を付けたのが、
280円均一(税抜)の低価格の
焼き鳥チェーン鳥貴族の好調ぶりだそうです。

そこで、ワタミも鶏肉に焦点を当てて
業態転換を推し進めるそうです。

居酒屋「和民」のうち32店舗を、
みちのく清流若鶏の唐揚げを提供する
「ミライザカ」へと衣替えさせたそうです。

また、「わたみん家」の44店舗を、
自慢のタレで焼き上げる焼き鳥・串揚げ・
もも一本焼きが看板メニューの「三代目 鳥メロ」に
看板を取り換えたそうです。

転換した店舗は、売上高が前年比で
ミライザカが33.3%増、三代目 鳥メロが
45.1%増とそれぞれ大幅に伸びたそうです。

脱「ワタミ」化を図った戦略は、ひとまずは
好評のようです。

これから伸びるでしょうか。
かなり業績が良くないですからね。

これからですね。



大卒者の年収

OECD(経済協力開発機構)の調査だそうです。

日本の高等教育に対する公財政支出(2009年)は
対GDP比で0.5%にとどまっており、
OECD諸国の中で最下位の低さだそうです。

個人への支出を含めた同支出の対GDP比は
0.8%と若干増加するが、それでも最下位だそうです。

日本の高等教育機関は公財政支出が
相対的に低く、財政的に保護者や学生からの
学費に依拠するところが大きい傾向にあるそうです。
国際的にみて高い学費水準となっているそうです。

こうした政府の教育に対する意識の低さを反映して、
日本の大学生の置かれた経済環境は
相当に厳しいものとなっているそうです。

幼稚園から大学卒業までにかかる
平均的な教育費は、すべてが国公立でも
約800万円、すべてが私立だと約2300万円
だそうです。

特に、地方から東京の私立大学に通う場合には、
下宿・アパート代や食費などの生活費が
大きな経済的負担となっているそうです。

親の所得状況を反映し、学生の生活費に
対する家庭からの給付(いわゆる仕送り)は、
02年度の155万7000円(月額約13万円)を
ピークに、14年度には119万4000円
(月額約9万9000円)にまで減少したそうです。

給料が少なくなっていますからね。
正社員も減っています。
子供にお金もかけれないですね。



韓国大統領

韓国の朴槿恵(パククネ)大統領(64)が、
検察から聴取を求められているそうです。
実現すれば現職大統領としては憲政史上初だそうです。

親交があった崔太敏(チェテミン)牧師の娘で
40年来の付き合いの知人女性、崔順実(チェスンシル)
容疑者(60)=詐欺未遂容疑などで逮捕=への
大統領府の文書の流出や、この女性が絡む
不可解な財団の設立への関与が問われているそうです。

韓国は、大統領に権力が集中しているそうです。

根強い儒教文化や朝鮮王朝時代の感覚も残り、
国王と政治指導者の中間ぐらいに位置する
絶対権力だそうです。

韓国メディアは原則、大統領の日程を
独自取材でつかんでも報じてはいけないそうです。

だから、大統領をやめると、逮捕される
人が多いのですね。
自殺もあります。

でも、そういう国は、いやですね。


オバマ大統領

安倍晋三首相は20日午後
(日本時間21日午前)、訪問先のペルーの
首都リマでオバマ米大統領と短時間
立ち話をしたそうです。

来年1月に次期大統領のトランプ氏と
交代するオバマ氏にとってペルーは
最後の訪問先となるそうです。

同盟関係を4年間歩んだ日米首脳の
最後の接触として立ち話はやや寂しい
ものの「両首脳は互いに高い評価と感謝を
述べあった」(日本政府関係者)そうです。

でも、この8年間のオバマ大統領は、
駄目だったですね。
結局、トランプ大統領が
誕生しました。

最初の、チェンジはどこに
行ったのでしょうか。
何をチェンジしたのでしょうか。

TPPも成立しなくて、退陣します。
あの交渉は、何だったのでしょうか。



民進党の発言

安住淳・民進党代表代行 が
安倍晋三首相とトランプ氏の会談について
発言したそうです。

本当かどうかわかりませんが。

*****
大統領選の時のいろんな発言を聞いていて、
この人が信頼できると思う国民は少ないと思う。
むしろ懸念を表明している人が多い。
首相が1時間ちょっと会っただけで
「この人は大変信頼できる」と言った以上、
どこが信頼できるのか、国民に説明する責任がある。

当選して1週間後にとんでいくというのは、
大変失礼だが『朝貢外交』でもやっている
つもりではないかと思う。
私は評価しない。
****

などです。

こういう人が、民進党にいるのは、
駄目ですね。

早く、次期大統領にあうことが
重要です。

そうすることで、信頼関係が早く
築けます。
その後の交渉もやりやすくなります。

安倍首相は、策士です。
うまいと思いますよ。
勝負に勝つには、策士や軍師が
必要です。

この行動を朝貢外交と呼んでいる
民進党は、いつまでも自民党に
勝てませんね。
民進党の代表代行ですよ。




上海ガニ

中国江蘇省の大手水産会社
「蘇州秋覇王陽澄湖大閘蟹」が
日本向けの「上海ガニ」輸出を
停止したそうです。

同社は日本向けに毎年50~60トンの
上海ガニを輸出してきたが、
「今年はシンガポールや韓国向けに
振り向ける」そうです。

同社は地元紙に、「日本市場では、陽澄湖などで
正式な認可を受けて養殖される
『大閘蟹(中国語でダーザーシエ)』ブランド以外にも、
中国産の養殖品がみな『上海ガニ』と
混同されており、ブランドを守る必要がある」と
説明したそうです。

香港でダイオキシン問題が
発生しました。

疑わしいものは、日本に
来てほしくないですね。

輸出を停止してよかったかも
しれません。

でも、誰が上海ガニを食べるのでしょうか。