So-net無料ブログ作成
検索選択

北海道大学

北海道大学です。

2016年7月29日、人気スマートフォンゲーム
ポケモンGO」をめぐり、敷地内の
「ポケストップ」を削除するよう
開発元に申請したと発表したそうです。

北大によると、学生がトラブルに
巻き込まれたとの報告はないが、
「さまざまなリスクがあるので」、
「排除」に踏み切ったそうです。

北大は発表文で、「本学敷地内において、
ポケモン等の出現が確認されたことにより、
ポケモン等の入手を目的とする人が
敷地内に立ち入っている」と報告。

敷地内で画面を見ながら歩く
プレイヤーと学生が事故を起こす可能性、
プレイヤーが知らないうちに
病院・実験室等の立ち入り禁止区域に
侵入する可能性に言及し、「ゲームの利用者
及び本学の双方に
リスクがある」と指摘したそうです。

そのうえで、「敷地内に設定されている
ポケモン等について、削除要請を
行いました」と説明しているそうです。

学校が決めればよいと思います。

ゲームをする場所ではないですからね。

日本と中国の製造業

中国の報道のようです。

中国の製造業がこれまで
強みとしてきたコスト競争力は
人件費の上昇などによって
失われつつあるそうです。

中国政府は製造業の高度化を
実現するための計画を打ち出して
いるものの、企業の淘汰はすでに
始まっており、残された時間は
多くはない状況だそうです。

中国メディアの東方頭条はこのほど、
日本と中国の製造業の差は「30年から
50年ほどもある」と指摘したうえで、
中国企業が直面している問題について
考察しているそうです。

記事はまず、中国の製造業の前に
立ちはだかる問題は複数あるとし、
「新しい技術革命が世界規模で始まっている」
ことを挙げたそうです。

製造業と情報通信技術を結びつけた
新しい試みが世界中で始まっていることを指摘し、
「中国の製造業は世界の流れになんとか
着いていくことができている」としながらも、
世界の潮流から外れれば大きな問題に
直面することになると論じたそうです。

一番の問題は、研究開発をしないことですね。
そして、人材の蓄積が少ないですね。
日本は、企業の中で、技術が継承して
います。

次の世代につなぐことが重要です。

アメリカ大統領選

米CNNテレビが25日に大統領選の
世論調査結果を公表したそうです。

先週の共和党大会で候補指名された
実業家ドナルドトランプ氏(70)が、今週の
民主党大会で指名されるヒラリークリントン
前国務長官(68)を支持率で3ポイント
上回ったそうです。

トランプ氏が優位に立ったのは
昨年10月以降で初めてだそうです。

共和党大会前の調査でクリントン氏49%、
トランプ氏42%だったのが、
今回の調査では45%対48%と逆転したそうです。

無党派層の支持が大会後に伸びたのが
要因だそうです。
CBSテレビが公表した共和党大会後の
調査では、両氏とも42%だったそうです。

トランプ氏が優勢になったのですね。

アメリカは、違うアメリカを望んでいるのかも
しれませんね。
時代が変わってきています。

日本も変わります。

米企業を爆買い

中国による米国企業の「爆買い」は
加速しているそうです。

15年には170億ドル(約1兆8000億円)が
投じられたが、今年はすでに290億ドル
(約3兆800億円)を記録したそうです。

倍増以上のペースで進行しているそうです。

買収後には中国人社員が幹部として
米国に派遣されるそうです。
15年に中国人に発給された
ビザは1万258件に達しているそうです。

多くの中国人にとって海外移住は
憧れだそうです。
汚染からの脱出、子どものための
良好な教育環境、政治的・経済的
アクシデントの回避など、中国にはない
「魅力」があるそうです。

企業の買収ではなくて、個人の
希望なのでしょうか。
そういう企業って続かないと思います。


爆買い

観光庁の発表のようです。

今年上半期(1~6月)に日本を
訪れた外国旅行者は1171万3800人で、
前年同期に比べ28・2%増えたそうです。

4~6月の訪日客の消費額は9533億円で、
前年同期比7・2%増だったそうです。

ただ、1人当たりの消費額は9・9%減の
15万9930円だそうです。

急激な円高の進行などを背景に、中国人旅行者による
高額な家電製品やブランド品の「爆買い」に
陰りが出ているそうです。

上半期の訪日客数は、過去最多の年間1974万人を
記録した昨年を上回るペース。

国・地域別では中国の307万6600人が
最も多く、韓国238万3000人、
台湾215万5800人だそうです。

4~6月の1人当たりの消費額では、
中国がマイナス22・9%の21万9996円と
大幅に減少したそうです。

そんなによい状況は続きませんよ。

そんなものです。

経済対策

政府が新たにまとめる
経済対策の事業規模を20兆円超で
調整しているそうです。

当初は10兆円超の見込みだったが、
倍増させるそうです。

追加の財政支出は3兆円超
(国・地方の合計)として、残りは
財政投融資や民間事業を積み増して
かさ上げするそうです。

事業規模を膨らませ、景気下支えに
本腰を入れる姿勢を示す狙いが
あるそうです。

政府は今後、与党と調整を進め、
来月上旬にも経済対策を閣議決定して、
裏付けとなる2016年度第2次補正予算案を
秋の臨時国会に提出する方針だそうです。

与党内には一層の上積みを求める声もあり、
規模がさらに膨らむ可能性もあるそうです。

景気があまりよくないですからね。

経済対策は、必要でしょうね。


スズキ

スズキです。

年内の投入を予定していた
新型「スイフト」と「ワゴンR」の
発売時期を、延期するそうです。

スイフトは2017年2月、ワゴンRも
来春以降にずれ込む見込みだそうです。

燃費の測定不正の影響で開発が滞り、
国交省の審査も厳しくなることが
予想されるためだそうです。

両車種はいずれも小型車と軽自動車
主力車種。

16年度の国内生産、販売への
影響は避けられないそうです。

スイフトはスズキの小型車の主力車種で、
国内のほか欧州やインドでも人気の高い
世界戦略車だそうです。

国内では10月頃の全面改良を計画していたそうです。
一方、ワゴンRは低迷する軽自動車販売の
起爆剤として秋の全面改良を目指していたそうです。

燃費問題の影響があるのですね。
早く、元に戻ってほしいですね。



東京都知事選

14日告示された東京都知事選(31日投開票)です。


共同通信社は16、17両日、電話による
世論調査を実施し、取材結果も踏まえて
序盤情勢を分析したそうです。

元防衛相の小池百合子氏(64)と
ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)=
民進、共産、社民、生活推薦=が
競り合っているそうです。

総務相の増田寛也氏(64)=
自民、公明、日本のこころ推薦=が追う
展開になっているそうです。

ただ約4割は投票先を決めておらず、
今後の情勢は変化する可能性があるそうです。

どうなるでしょうか。

鳥越氏は、知名度はありますが、
都知事としてはどうでしょうか。
体調の問題もあります。
高齢です。

小池氏はどこまで行けるか
ですね。

注目です。




任天堂の株価

スマートフォン向けゲーム
ポケモンGO」が米国などで
大ヒットしたことを受け、任天堂株が
急上昇しているそうです。

任天堂の株式を保有する
企業などの関連銘柄も軒並み値上がり
しており、株式市場では「ポケモノミクス」現象と
呼ばれて注目を浴びているそうです。

任天堂株は今年に入って
1万6000円前後で推移したが、6日に
米国でゲームの配信が始まって以降、
急上昇した。14日の終値は2万5300円で、
ゲーム配信前の約1・8倍になったそうです。

これにより、時価総額は3兆5842億円と
大きく膨らんだそうです。

売買代金も連日トヨタ自動車などを
上回り、トップとなっているそうです。
14日の売買代金は4303億円に上り、
東京証券取引所1部全体の売買の
17%強を占めたそうです。

すごいですね。
任天堂としては、久々の
ヒットになるのでしょうか。

注目です。

若い人の投票率

総務省は11日、参院選(選挙区選)の
18歳と19歳の投票率の調査結果を
公表したそうです。

18歳は51・17%、19歳は39・66%で、
18歳と19歳を合わせた投票率は45・45%
だったそうです。

高校などで主権者教育を受ける機会の多い
18歳と、大学生社会人が多い19歳で、
差がある傾向が明らかになったそうです。

総務省の抽出調査によると、参院選での
20歳代の投票率は1992年以降、20~30%台に
とどまっているそうです。

今回の18、19歳の投票率は、過去の選挙の
20歳代よりは高い水準と言えるそうです。

19歳は、大学生ですから、地元にいません。
住民票を移している人は少ないと思います。

住民票が地元でも投票できる仕組が
必要だと思いますよ。

そこが問題です。