So-net無料ブログ作成
検索選択

追加緩和

日銀は30日に、金融政策決定会合を
開いたそうです。

現行の量的・質的金融緩和の継続を
賛成8人、反対1人の賛成多数で
決めたそうです。

市場では景気や物価の下振れ懸念を
背景に、今回の会合で一段の緩和強化に
踏み切るとの見方もあったが、
日銀は追加緩和を見送ったそうです。

原油安の影響などを踏まえ、
展望リポートでは2015年度と
16年度の消費者物価の見通しを
下方修正するそうです。

これまで「16年度前半ごろ」としてきた
物価上昇率2%の目標を実現する
時期を、先送りする公算が
大きいそうです。

難しいですね。

現在の景気は続いて
欲しいですが。

一人っ子政策

中国共産党の重要会議、第18期中央委員会
第5回総会(5中総会)です。
29日、4日間の討議を終え閉幕したそうです。

閉幕後公表された総会コミュニケによると、
中国政府は全ての夫婦に2人までの
子供を産むことを認めるそうです。

夫婦に子供は原則1人までと定めた
国策「一人っ子政策」の完全廃止を
決定したそうです。

決定の背景には、中国で進行する
深刻な高齢化への危機感があるそうです。

労働力人口が12年に減少に転じる一方、
50年には60歳以上が全人口の35%を
占めるそうです。

世界で最も高齢化が進んだ国に
なるそうです。

こういう政策って、人口がいびつに
なりますからね。
人口が増えるまでに、また時間が
かかります。

雇用の確保などはどうするのでしょうかね。


使える空家

国土交通省は26日の
社会資本整備審議会(国交相の諮問機関)
分科会会合で、提示したそうです。

総務省の住宅土地統計調査のほか、
国交省が近く公表する2014年度の
空き家実態調査の中間集計などを基に、
同省が推計したそうです。 

全国の空き家のうち耐震性があって駅から近く、
有効活用が容易な物件は約48万戸に
とどまるそうです。

賃貸用などを除く空き家約320万戸の
15%と少ないそうです。

今後はこうした空き家の活用策とともに、
放置され倒壊の恐れがある物件などの
撤去が課題となるそうです。

1割しか、活用できないのですね。
少ないですね。
もっと、有効に空家が活用できれば、
生活も楽になると思います。


腎臓病対策

国内の成人の8人に1人、
80歳以上の2人に1人が
腎臓を患っているそうです。

さらに腎臓病(尿毒症)患者の
一定数が高血圧に起因する
心筋梗塞や脳梗塞などで命を
落としているそうです。

タンパク尿検査などによる腎臓病の
早期発見の大切さを指摘するとともに、
高血圧対策が必要だそうです。

減塩習慣をカギと位置付け、
「みそ汁の具を増やして汁を減らす、
ラーメンのスープは残す、
調理は塩分の代わりに酸味や
ピリ辛感を強める」ことなどが
必要だそうです。

ウオーキング実践者の透析導入率が
低いそうです。
適度な運動が必要だそうです。

気を付ける必要があります。

軽減税率

消費税が10%に引き上げられる時に
導入する軽減税率制度についてです。

スーパーマーケットなどの業界団体、
日本チェーンストア協会の清水会長が
財務省を訪れ、導入に反対の意思を
改めて伝えたそうです。

清水会長は、軽減税率の導入は
「大幅な税収減を招き、社会保障制度の充実に充てる
目的を損ないかねない」とのチェーンストア協会の
主張を改めて訴えたそうです。

低所得者対策としては、現在行われている
給付措置の拡充などで対処すべきとしています。

確かに、スーパーの負担が増えます。
でも、国民にとってみると、やった方が
よいと思います。

食料品の価格は、なるべくあげてほしくないですからね。

どこで、妥協するか難しい問題です。


ホンダの自動運転車

ホンダです。

2020年をめどに車の自動運転の
実用化をめざす方針だそうです。

高速道路での車線変更などを車が
自動的に行うシステムを乗用車に
載せるそうです。

トヨタ自動車や日産自動車も、東京五輪が
開かれる20年を目標に自動運転の実用化を
めざしているそうです。
開発競争が激しくなります。

ホンダの八郷隆弘社長は朝日新聞の取材に
「第1ステップは高速道路での自動運転」と
話しているそうです。

ホンダは、自動ブレーキや前の車と一定の
距離を置く自動走行、車線からはみ
出さないようにするシステムなどの
安全機能をまとめて「ホンダセンシング」と
名づけているそうです。

今年から新型車に搭載し始めたそうです。

まず、目標です。
これで、技術開発が進みます。
各社が、競争するのもよいですね。

介護費用

老後の資金に困らないための
マネープランだそうです。

もし介護が必要になった場合どれくらいの
お金が必要になるかということです。

厚生労働省によると、介護を受けたり
寝たきりになったりせず日常生活を
送れる期間を示す「健康寿命」です。

2013年時点で男性が71.19歳、
女性が74.21歳だそうです。
同年の平均寿命は、男性80.21歳、
女性86.61歳ですので、それぞれ
健康でないとされる期間が10年
近くあることになります。

介護の平均期間は4年11ヶ月だそうです。
単純に全体の平均月額6万9000円に、
平均介護期間の4年11ヶ月をかけると
約400万円だそうです。
さらに、より長期の介護を想定すれば
10年で約830万円になるそうです。

でも、安い、老人ホームなどに入る場所が
あればよいですが、なかなかないのが
現状です。

もっとかかりますね。



韓米首脳会談

朴槿恵大統領が、訪米しているそうです。

朴大統領は、米戦略国際問題研究所
(CSIS)でのスピーチでも「韓国は先週発表された
TPP大筋合意を歓迎する」
「韓国は既にTPP加盟10カ国とFTAを締結して
いるので、TPPにおいても自然と米国の
パートナーだと思っている」と語ったそうです。

しかし、TPPという言葉は16日にホワイトハウス
行われた韓米首脳会談の正式議題には
なかったそうです。

韓国大統領府関係者は「まだ韓米首脳会談の
議題に上がるほどは両国間の協議が熟していない
ため」と説明したそうです。

中国寄りに なっていますからね。
アメリカとしては、面白くないですね 。

自分の都合だけをみています。

そんなものです。


普天間問題

沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の
移設問題です。

翁長雄志知事が名護市辺野古沿岸部の
埋め立て承認を取り消しました。

防衛省は14日、、対抗策として、行政不服審査法に
基づく不服審査請求と取り消しの効力を
止める執行停止を、埋め立てを所管する
石井国土交通相に申し立てたそうです。

申し立てを受け、国交省は同日、翁長知事に対し、
執行停止への意見書を今月22日までに、
審査請求への弁明書を11月16日までに
提出するよう求める文書を送ったそうです。

石井国交相は14日、記者団に
「まず双方から出された書面の内容を
十分に検討し、適切に判断していきたい」と
語ったそうです。

泥沼になっていますね。
よい、解決策はないのでしょうかね。


タグ:普天間問題

景気判断

政府は14日、10月の月例経済報告を
発表したそうです。

前月からの景気の変化を示す「総括判断」を、
「一部に鈍い動きもみられる」から
「一部に弱さもみられる」に引き下げたそうです。

中国経済の減速や国内の個人消費低迷を
受け、製造業の生産活動が落ち込んだそうです。

内閣府は9月の月例経済報告で、判断の
方向性について示さない異例の対応を
とったそうです。
10月の状況も踏まえ、2014年10月以来
1年ぶりに判断を引き下げたそうです。

中国の影響が大きいのでしょうか。

やっぱり、国内と、中国以外で、
売上を上げるしかないですね。