So-net無料ブログ作成

東芝メモリー

経営再建中の東芝です。

半導体メモリー事業の入札に、
政府系ファンドの産業革新機構が
米投資ファンドのコールバーグ・
クラビス・ロバーツ(KKR)と共同で
参加するそうです。

技術の国外流出を懸念する政府の
意向を受け、最高買収額を提示していると
みられる台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業に
対抗する狙いがあるそうです。

2陣営の対決構図が強まりつつあるそうです。

鴻海は最高額の3兆円を提示したと
みられるが、日本政府は軍事転用が
できる半導体技術が中国などに
流出することを強く懸念しており、
海外企業の出資を審査する
外為法で買収にストップを
かける用意もあるそうです。

鴻海は政府の懸念を薄めるため、
米アップルやシャープにも
参加を要請し、日米台連合での
買収を目指すそうです。

どうなるのでしょうか。
注目です。