So-net無料ブログ作成
検索選択

インドのスマートフォン市場

米国の市場調査会社IDCが先頃
インドのスマートフォン市場に
関する最新リポートを公表したそうです。

昨年(2016年)1年間の同国における
スマートフォン出荷台数は1億910万台となり、
前年から5.2%増と、小幅な伸びにとどまったそうです。

その中で、中国メーカーが出荷台数を
大きく伸ばしているそうです。
10~12月期はスマートフォン市場の
勢力図に変化があったそうです。

10~12月期は中国メーカーの
合計シェアが46%と、1年前の2倍に
拡大したそうです。
これに対しインド地場メーカーの
合計シェアは19%に低下したそうです。

10~12月期におけるメーカー出荷台数シェアの
ランキングを見ると、上位5社は、
韓国サムスン電子」、
「中国シャオミ(小米科技)」、
「中国レノボ・グループ(聯想集団)」、
「中国オウポ(広東欧珀移動通信、OPPO Mobile Telecommunications)」、
「中国ビーボ(維沃移動通信、vivo Mobile Communication)」
の順だそうです。

中国ばっかりですね。

すごいですね。
シェアがどんどん拡大しています。

インドもスマートフォンが
拡大していきますね。